お引越のことあれこれお役立ちブログ

トラブル防止のために見積りのときは実際に現場を見てもらいましょう

実際に引越しをする前に、業者に実際の部屋を見てもらったうえで契約をするのは大切なことです。

ネットや電話で大まかな見積もりを出してもらって、事前に荷物の量を確認しないまま、引越し当日を迎えた場合は、さまざまなトラブルが予想されます。

最悪の場合には、準備したトラックに荷物が入りきらないという事態にもあり得えます。

プロの引越し業者であっても、実際の部屋を見ないで見積もりをするのは困難であり、お客がネットから入力したデータや電話口で話した情報だけをもとに計算できるのは、あくまでも概算ということになります。

移動する距離に関しては、お客からの情報で分かりますが、荷物の量に関してはそうはいきません。

業者にとって、正確な引越し見積もりを出せるかどうかというのは、実際の荷物を正確に把握できるかどうかという点にかかっているわけです。

また、業者側が確認したいのは、荷物の量だけではありません。

建物の構造や、大型の荷物を運びだすためのスペースの確認なども重要なポイントとなります。

それらに加えて、家の周辺の道路状況などによっても、見積もり金額が大きく変わって来ることがあります。

トラックが入れないような狭い路地の奥に家があるような場合には、トラックを置いてある場所まで人力で荷物を運ばなければならなくなるため、見積もり金額は大幅にアップしてしまうことになります。

もちろん、電話口でも道路に関することは聞かれることになるでしょうが、大型トラックを運転したことのない人にとっては、道路の幅などはあまり意識したことがないでしょう。

大丈夫だと思っていても、当日になって大型トラックが来てみたら入れなかったということになると、大変なことになります。

料金が追加になるのはもちろんのこと、そもそも作業員の人数もトラックが入れることを前提で来ていますから、その日のうちに引越しが終わらなくなってしまう可能性もあります。

そういったトラブルを回避するためにも、業者に引越し見積もりを依頼するときは、必ず現場を確認してもらうことが大切になります。


参照~引越し見積もりの取り方



f0360073_10563418.jpg




[PR]
by movingpro | 2016-05-23 08:08

お引越しのときに知っていた方がお得な情報をどんどん教えちゃいますよ。
by movingpro
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

お気に入りブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな